治療で癌の転移を予防しよう│様々な治療を組み合わせて解決

看護師

早期発見が大事です

カウンセリング

食道がんは自覚症状が出にくいガンですが、違和感のようなものが出る場合があるので見逃さない事が大事です。治療は転移も考えて複数のものを取り入れる方法が生存率を上げる事につながるので、早めの治療が大事です。

もっと読む

癌治療の概念を変える

先生

癌の3大治療として外科的治療、放射線治療、化学療法がありますが、進行したステージの患者さんの場合、これらの治療の効果が十分に期待できないということもあります。第4の治療と言われる免疫療法は、3大治療の効果が十分に得られない患者さんにも治療効果が期待できると注目を集めています。

もっと読む

免疫を高める治療法を

男性

増殖を防ぐことが大切

癌が発生すると血液やリンパ液の流れによってがん細胞が移動します。病巣を摘出したとしても、すでにがん細胞が他の臓器に定着して増殖を繰り返しているケースもあります。そうして出来たものを転移癌と呼びます。転移した癌の性質は、初めに出来た癌の性質と同じになります。つまり、初めに肝臓に出来たのなら、のちに肺に転移したとき、それは肺癌の性質を持つのではなく肝臓癌の性質を持つことになります。初めに出来た部位から転移している部位が遠ければ遠いほど、全身にがん細胞が広がっていることが多く深刻な状況といえます。全身に癌が広がっていると、全てを摘出することは出来ません。自身の免疫機能を高めて、がん細胞を増殖させない治療法が基本になります。

治療法を組み合わせて

癌の治療法には、手術による摘出、抗がん剤を用いた方法、そして自身の免疫機能を強化させる免疫細胞療法があります。患部を摘出すればがん細胞を失くすことができますが、患者に多大な負担がかかります。抗がん剤も副作用が大きいです。NK細胞を使った免疫細胞療法は、患者自身の細胞を使うので副作用の心配がありませんが、効果が出るかどうかは患者の体質や状況によります。大きく成長した癌に対しては摘出手術を、体力があれば抗がん剤を、そして自身の免疫を高めるために免疫細胞療法を、3つを上手く組み合わせて用いることが大切です。また、転移癌は患者の身体的負担だけでなく精神的負担も大きいです。さらには家族の気持ちのケアも大切になります。

地域の人の健康を管理する

病院

大阪府の城東区には、数多くの内科クリニックがあります。内科では、発熱、風邪、関節痛、糖尿病、高血圧などの生活習慣病など幅広く扱っています。なので、少し体調が優れない場合は、すぐに相談することが可能です。

もっと読む