治療で癌の転移を予防しよう│様々な治療を組み合わせて解決

患者

早期発見が大事です

カウンセリング

食道がんは自覚症状がないガンの1つでそれだけ発見が遅れてしまう可能性があるガンの1つです。しかし違和感のような症状が出る場合があるので次のような症状がないかセルフチェックをする事も非常に重要です。1番注意したいポイントは食べ物を飲み込んだ時などに違和感がないかどうかで、飲み込みにくいのも特徴になります。全てが食道がんにつながるとは限りませんが何かしらの異変を感じる場合は内科などでチェックする事が大事です。熱いものを飲んだ時にしみたり焼けるような痛みを感じた場合も可能性があるので病院でのチェックが必要です。末期症状になってしまうと食べ物を食べる事が非常に難しくなり体重の減少が激しくなるので早期発見が大事です。

食道がんの治療は手術や放射線治療や化学療法などいくつかの選択肢があるので最適なものを選ぶ事が大事です。リンパ節への転移が多いガンなので患部の切除の他にも抗がん剤や放射線治療などから最適なものを選ぶ必要があります。手術が成功して幹部を綺麗に切除したとしてもガンが再発する可能性もあるので、抗がん剤での治療も並行する必要があります。食道がんの治療は進行度や発生部位などによって選択される治療方法が変わってきます。放射線治療単独で治療を行うよりも化学療法と放射線治療を併用すると生存率が上がってきます。ステージが進んでしまうと生存率が下がってしまいますから、初期段階での発見が必要で複数の治療法を実践する事が大事です。