治療で癌の転移を予防しよう│様々な治療を組み合わせて解決

患者

癌治療の概念を変える

先生

注目される治療

癌の3大治療に外科的治療、放射線治療、化学療法があります。外科的治療と放射線治療には限界があり、すでに進行してしまったステージの癌では十分な効果が得られないことも理由として挙げられます。また、化学療法の場合分子標的薬が高い効果を発揮すると言われ、生存率を上げていますが、ある特定の遺伝子が検査により発見された人のみがこの治療を受けることができます。適応遺伝子が発見されない場合、標準的な抗がん剤を点滴で投与する方法がとられます。しかし、正常細胞にもダメージを与えてしまう懸念があるのも確かです。とくにステージ3以降の進行癌では治療法が少なく、辛い治療になることもあります。3大治療以外に第4の治療となる免疫療法が癌の代替療法として注目を集めています。化学療法の副作用を抑えるために混合治療を希望する患者さんもおられます。

自由診療への理解

免疫療法は癌の代替療法として行われ、通常の西洋医学の概念とは少し異なります。健康な自己免疫を培養して再び体内の戻し、癌のアポトーシス効果を期待したり、高濃度ビタミン点滴を直接血管に投与したりして、癌のアポトーシス誘導を進めるなどが行なわれています。そして切除や放射線、抗がん剤での直接攻撃とは異なり、間接的な攻撃を仕掛けます。3大治療はエビデンスに基づく治療に対して、免疫療法は効果の出方が患者により異なり、保険適用できない治療と考えられています。問題となるのは、患者本人が負担する治療費で、自由診療となるため全額自費負担による治療であることの理解が必要です。ただ、3大治療で治療法がないと言われたステージ4の患者さんでも、免疫療法により治療効果が期待できるケースもあります。