治療で癌の転移を予防しよう│様々な治療を組み合わせて解決

患者

地域の人の健康を管理する

病院

健康に欠かせない

大阪府の城東区には、地域のかかりつけ医としてサポートする内科が多くあります。昨今では、仕事の忙しさやストレスで体調を崩しやすい環境にあります。その中で、城東区の内科は、地域住民にとって健康をキープするのに欠かせない存在です。内科で扱う診療科目は、多岐にわたっています。たとえば、鼻水などの風邪、発熱、関節痛から高血圧、糖尿病などの生活習慣病などです。幅広く取り扱っているので、体調に不具合を感じたら気軽に相談すると良いです。内科では、患者さんの全身を正確に把握して適切な治療方針を決定していきます。そして、医師として専門的な知識と経験を活かして、患者の訴えに耳を傾けて診療を行います。子供から高齢者まで頼りになる医療機関といえます。

頻繁に行われている検査

健康管理のために、城東区の内科では定期的に健康診断を行っています。色々な検査の中でも最も頻繁に行われるのが、胃カメラ検査です。胃カメラとは、鼻か口から内視鏡を挿入して、喉・食道・胃・十二指をチェックする検査です。臓器の表面を直接、カメラで見る事ができます。したがって、ポリープ・潰瘍・癌といった病気の早期発見が可能です鼻から挿入するカメラは細いので、従来と比べて、喉を通る時の違和感はほとんどないです。そのため、想像以上に体に負担もなく、胃カメラ検査は受けることが可能です。もしも異変が見つかった場合は、病変の一部を採取する生検をすぐに行えます。組織の一部を顕微鏡検査でスムーズに確定診断することが可能となります。体調をチェックしたい方は、気軽に城東区の内科に相談すると良いです。